2014年8月アーカイブ

脱毛を自己処理している人も多いのではないでしょうか。医療機関やエステなどで無駄毛処理を受けずに、自分で自己処理をする場合には肌トラブルになったりしないように注意しなければいけません。自宅でできる脱毛の方法はシェイバーやカミソリを使って直接剃る方法、脱毛クリームを使う方法、脱毛ムースを使う方法、ワックス脱毛、脱毛テープ、毛抜きといった方法があります。

この中でどれが一番脱毛効果があるのか、それはどれも効果は一時的です。しかしシェイバーは、カミソリを直接地肌に当てて剃りますので肌をとてもいためているので、いい方法とはいえません。テープも肌へ与える負担などはとても多いでしょう。

ムース、クリーム、ワックスは肌の表面に見えている部分の無駄毛のみですので、すぐに生えてくる可能性があります。毛抜きで抜くと、一番生えてくるのに時間がかかりますが、ですが毛抜きで抜くと毛根をいためているので、実はあまりいいとはいえません。

脱毛を自分で行うのは自分で手軽に思い立ったときにできて、費用も安いのが特徴です。ですが、間違った方法で脱毛をしてしまうと皮膚にダメージを与えることになりますし、皮膚を傷つける、ひどい場合には炎症を起こしてしまうこともあります。毛穴の黒ずみにつながったり、肌あれや埋没毛になることもありますので注意したほうがいいでしょう。

自分で脱毛をする場合には使う脱毛器具の使い方を間違えないようにして、適切な方法で行いましょう。

このアーカイブについて

このページには、2014年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

次のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。